Author: addminz | Date: 2015年4月3日 | Please Comment!

激安でチラシ印刷を発注する場合、多くは作成したデータを入稿用のサイズに合わせて修正してから入稿するわけですが、そのサイズに規格サイズと輪転サイズという種類があります。

規格サイズで印刷する場合は、背景にあたる絵柄や配色を実際の仕上がりサイズよりも3mm塗り足して作成する必要があります。

また、絶対に切れては困る写真や絵柄などは仕上がりサイズよりも3mm内側に収まるようにしましょう。

これをやらずに入稿した場合、一番外側に白い枠ができてしまったり、写真などの端が切れてしまったりします。

一方、輪転機を使用する印刷の場合は少し異なります。

輪転機は部数が多い印刷でよく用いられるそうですが、四方に8mmほどの白い縁が入ること、印刷されたデザインの表裏上下が揃わないことなどの特徴があります。

輪転サイズの場合は、周りに8mmほどの白い枠がついています。

そのため、仕上がりサイズでデータを作成し入稿しないと、出来上がりのサイズや周囲の白枠の幅が変わってしまうそうです。

激安でチラシ印刷とうたう会社は多いですが、どの印刷機を使うかによってデータの調整の仕方が変わるので規格サイズか輪転サイズかには気を付けましょう。