Author: addminz | Date: 2015年4月3日 | Please Comment!

激安のチラシ印刷でも内容にこだわろう

仕事でもプライベートでも、チラシ印刷をする時には安く仕上げたいと思うもの。

そこでよく活用されるのが激安とうたわれる印刷会社です。

ここで大切なのは、印刷するためのデータは自分で製作するということです。

せっかく激安の値段で注文しても、肝心のチラシの内容がいまいちだと効果は望めません。

まず対象についてわかりやすく伝えることはもちろんですが、文字ばかりでは見辛く、インパクトもありません。

写真をうまく使い、パッと印象に残るようにするとよいです。

文字3割、写真7割くらいの割合が良いそうですよ。

また、伝えるための文章も大切です。

ネガティブな表現だと、PRしたい物に対してもネガティブなイメージをもたれてしまいます。

言い回しを工夫して、できるだけポジティブな表現になるようにしましょう。

とはいえ、良い点ばかりだと胡散臭くなってしまいます。

欠点もきちんと示した上で、「それ以上に、こんな良い点がありますよ」と訴えられた方が満足度は上がるようです。

チラシ印刷も激安とはいえお金がかかります。

良い物が出来上がるように、しっかりデータを作りましょう。

デザイナーと打ち合わせをする時に気を付けること

チラシ印刷のために必要なデザインを外部に発注することにしたら、やらなくてはならないことがデザインについての打ち合わせですね。

せっかく激安で印刷してもらえるのですから、デザインも良いものにしたいものです。

そのために打ち合わせは重要ですが、やはり気を付けるべきポイントもあります。

まず、頼む側の準備です。

デザイナーは写真や文章などの素材を見やすくレイアウトするのが仕事ですから、素材の用意は頼む側の責任で行わなくてはいけません。

もし、そうした素材の用意から頼むとすると、プランナーを介することになるそうです。

プランナーがどのような内容にするか、テーマは何かなどを取材してくれ、デザイナーやコピーライターとの打ち合わせも行ってくれます。

頼む側からすれば楽ですが、とても費用がかかるので、激安のチラシ印刷を考えているならば止めたほうがよさそうです。

激安でもクオリティの高いチラシ印刷

また、イベントについて知らない人が書く文章よりも、素人でも関わっている人が書くほうが伝わりやすくなる場合もあるそうです。

デザインを頼む場合でも、頼む側がしっかり用意しておかなくては、良いチラシはできないのです。